心配性な、ママの思い。

うふふっ・・・・へへへっ・・・・・。
土曜日にこんぱ○さんに行ってきました。
遠い上野から、コバタンさんがきてくれたので。
ふふっ!
かわいいの。
めちゃ、小さいけど。
近くにいたアオメさんが、オオバタンさんくらいに大きく見えた。
そう、この子。
ラルフの嫁です!
見るだけ~とかいいつつ、かわいいので、もちろん即決!
ほんとはね、同じタイハクがいいんだけど。
黄色い冠羽にあこがれた私。
しかも、じいちゃん、ばあちゃん+、旦那は大型に反対で。
でも、あんまり小さいと、ラルフの友達にもなれないし。
このくらいの大きさが、お互いの妥協線。
だから、嫁になれなくても、友達になってくれたら、もうそれでいい。
ついたばかりだったので、まだ少し、緊張してる様子。
なので、触らずに、かえって来ました。
・・・・・・・。
さあ、ここからが私の心配性の始まり。

そういえば、なんとなく、華奢だった・・・。
羽も少し、少なかったような・・・・。
お店でPBFDの検査済みの子。
大丈夫だと思うけど・・・・え~ん、ママ心配。

ばかでしょう?
でも、思い出したの。
ラルフのお迎えのときも、同じ心配してた。
先に、たくさん本を読んでたから。
かえって、心配になって。
こんなに脂粉が出てるんだから、大丈夫!って思っても、換羽のたびに、抜けた羽をチェックしてた。
嘴が伸びても、心配で。
最初の越冬が心配で。

結局、性分なのね~。
しょうがない、心配なんだもの。
まあ、嫁はお迎えの後の健康診断で、、再度PBFDの検査をしてもらおう。
その前に、触ったら、意外と脂粉が多くて、安心するかもしれないけど。

んで、またまた、思い出した。
息子を産んだときのこと。
あんまり小さい赤ちゃんで。(1ヶ月早く、出てきた・・・)大丈夫かな~って。
あんまり泣かないし。
肺が弱いのかしら・・・とか。
夜中に何度も、胸がとっくんとっくん動いてるのを確認したり。
髪の毛が薄くて、はげた子になるんじゃ・・・・とか。

よく私って、胃潰瘍にならないな。
心配しながら大騒ぎするから、ストレスは発散してるのかしら。
そんなわけで、一人心配してます。
こんな私ですが、お付き合いくださいね。
何しろB型だから・・・・。

名前、決めました。
ゆりちゃんです。
兄ちゃんの公立の試験が終わり次第、お迎えに行きます。
3月の中ごろかな?
写真もない長話に、お付き合い、ありがとうございました。
[PR]

by abetomoko1207 | 2009-02-15 23:12